ネフローゼ症候群 むくみ 解消法

足のむくみはネフローゼ症候群のサイン!適切な解消法とは

スポンサーリンク

ネフローゼ症候群は足のむくみが症状として出てくる疾患で、足のむくみがあるのならネフローゼ症候群を疑った方が良いでしょう。
他の症状についての知識を深め、そして適切な解消法とは何かを知ることの意味は大きいです。

 

 

【ネフローゼ症候群の特徴とは】
尿から過剰なタンパクが出て血液中タンパク質濃度が低下して、低タンパク血症となる肝臓疾患であるのがネフローゼ症候群となります。
血管外に水分と塩分が増加されて、むくみが生じるのに繋がっていくとともに、血液中のコレステロールも増加してしまい、血管症や感染症などの合併の可能性も生まれる厄介な病気です。

 

ネフローゼ症候群には肝臓が原因のものもあれば、全身性の病気であるからこそタンパクが尿から出てしまうものもあります。
肝臓が原因の場合は糸球体基底膜の機能低下の可能性が高いです。

 

ネフローゼ症候群の症状の特徴としては足や全身のむくみ、尿の泡立ち、体重増加などです。これらの症状は日常生活では気付かないことも少なくなく、健康診断ではじめて分かる場合も多々あります。

 

スポンサーリンク

 

【ネフローゼ症候群に対しての治療法とは】
ネフローゼ症候群に対しての治療法の基本としては、むくみを減らすための対症療法です。
さらに塩分制限や利尿薬の使用や安静にするなどが中心となります。
そして平行して根本となる原因を治療するためにステロイド薬を使用するのが一般的です。
解消法は多岐に渡っているものと認識して問題ありません。

 

解消法は多岐に渡っているものの、どれを選択すべきであるのかはその時々で変わっていくものです。
どの解消法を選択するかを決めるためには、まずは検査を受けないといけません。
そしてむくみに対しての適切な解消法を見つけていくことになります。

 

ネフローゼ症候群はむくみが一つの特徴です。
そして解消法は多岐に渡っており、症状に合わせて解消法を選択することになります。
一時的に効果のある方法もあれば、根本的な解決に繋がる方法もあるため、適切な選択が重要です。

スポンサーリンク