ネフローゼ症候群 プレドニゾロン 効果

ネフローゼ症候群に対してのプレドニゾロンの効果とは

スポンサーリンク

ステロイド薬であるプレドニゾロンは、炎症をしずめて免疫系を抑える作用があり、様々な病気に広く使用されています。
もちろん、ネフローゼ症候群に対しても使用されることは少なくなく、効果においても全く問題ありません。

 

 

【プレドニゾロンの効果について】
炎症を抑えられるとともに、免疫力を抑制して症状の改善を図れるのがネフローゼ症候群に対してのプレドニゾロンのセールスポイントといえる点です。
ただ、一概にネフローゼ症候群に対してプレドニゾロンを選択すべきとはいえない理由があります。
それは、効果はあっても止めてしまうあるいは減量したときに再発をしやすくなってしまう注意点があるからです。

 

ネフローゼ症候群に対してプレドニゾロンして止めたり減量したりしたときには、頭痛や吐き気などの離脱症状を起こす場合もあります。
症状が改善する効果は見込めても、決して油断はできないものです。

 

1~2年程少量を使用し続けないといけない場合も少なくありません。
高血圧や感染症といった副作用が現れる場合もあるからこそ、注意しないといけないものです。
ネフローゼ症候群に対してプレドニゾロンは効果的であっても、100%選択すべきとは言い難いといえるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

【入院治療が必要なネフローゼ症候群】
ネフローゼ症候群は基本的に入院治療が必要な病気であり、むくみのない状態に戻すためにはしっかり意識しないといけない点です。
もちろん、仕事の都合などで入院治療ができない方にとって、効果のあるプレドニゾロンを使用するのは非常に魅力的といえるでしょう。
どの治療法を選択するかは重要であるものの、どの治療法を選択したとしても、一長一短あるという点を忘れてはいけません。

 

プレドニゾロンはネフローゼ症候群に対してしっかり効果を発揮するものの、副作用に注意しないといけません。
そして、症状が落ち着いたとしても安心はできないもので、効果があっても一概に選択すべきとは言い難いのが事実です。

スポンサーリンク