ネフローゼ症候群 保険適用

2014年からネフローゼ症候群にリツキシマブが保険適用可能!

スポンサーリンク

ネフローゼ症候群は非常に厄介な病気で、長い付き合いになるのはほぼ確実です。
しかし、2014年にネフローゼ症候群に対してリツキシマブが保険適用可能となったのが一つの大きなポイントで、治療をしやすくなったのは間違いありません。

 

 

【ネフローゼ症候群の治療の基本はステロイド】
今現在においてネフローゼ症候群の治療の基本はステロイドです。
ただ、ステロイドは使用すれば永続的に使用し続けないといけない難点があります。
徐々にステロイドを少なくしていくのが基本です。
維持が困難であるという難点があり、効果的ではあっても必ずしも使用すれば良いという訳ではありません。

 

だからこそ、小児のネフローゼ症候群に対する有効性が報告されているリツキシマブに注目した方が良いでしょう。
2014年からネフローゼ症候群に保険適用可能となったのが大きいです。
小児に対してはその有効性はしっかり実証されており、保険適用可能となった意味は非常に大きいといえるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

【成人における効果と安全性について】
ネフローゼ症候群の治療に役立つリツキシマブは、成人における効果や安全性を占めすデータはそう多くはありません。
今後さらに改善の余地があるのは間違いないです。
保険適用可能とはなったものの、まだ確実といえる段階ではありません。
そして、劇症肝炎や無顆粒球症といった重大な副作用もあるからこそ、注意が必要です。

 

保険適用可能となったからこそ、経済的な負担は軽減されるものの、保険適用可能になったのを理由に安易に選択をするのはおすすめできません。
あくまでも選択肢の一つであるという認識を持った方が良いでしょう。

 

2014年からネフローゼ症候群にリツキシマブが保険適用可能となったものの、成人の場合は本当に有効で安全性について問題がないかはデータが少ないです。
そして副作用の問題もあるからこそ、まだ安易に選択をすれば良いという段階ではなく、今後さらなる見直しがおこなれていきます。

スポンサーリンク