ネフローゼ症候群 予防接種

インフルエンザの予防接種がネフローゼ症候群にもたらす影響とは

スポンサーリンク

インフルエンザ対策で予防接種を受ける方も少なくないものの、注意しないといけないのはネフローゼ症候群の症状が出てしまうことです。
なぜネフローゼ症候群とインフルエンザの予防接種が結びつくのかをしっかり覚えておいた方が良いでしょう。

 

 

【ネフローゼ症候群が発生する可能性が高まる】
血液中のたんぱくが尿から流れ出て、手足がむくんでしまう症状であるのがネフローゼ症候群です。
そしてインフルエンザの予防接種が、ネフローゼ症候群が発生する可能性が高まる要因となるのは厚生労働省が発表しています。

 

また、インフルエンザワクチンを製造しているメーカーに対して厚生労働省がこの重大な副反応がある点を記載するように指示も出しており、注意しないといけません。
インフルエンザの予防接種を確かにインフルエンザ対策に効果的であるものの、ネフローゼ症候群が発生する可能性が高まる点を忘れてはいけないといえます。

 

スポンサーリンク

 

【インフルエンザの予防接種を受けるべきなのか】
インフルエンザの予防接種でネフローゼ症候群になる可能性が高まるのが事実です。
となると、やはり受けるべきであるのかといった部分は考えるべき点といえるでしょう。
しかし、受けることが必ずしもネフローゼ症候群の発生に繋がる訳ではありません。
当然ながら今現在においてもインフルエンザの予防接種を受ける方が多数います。

 

あくまでも1%をはるかに下回る可能性である点も覚えておいた方が良いでしょう。
だからこそ、特に気にする必要がないといえばないといえます。
ただ、インフルエンザの予防接種を受けることで疑いが持たれるのなら、すぐに専門の病院に行って検査を受けるようにすべきです。

 

インフルエンザの予防接種を受けることがネフローゼ症候群に繋がる可能性は秘めているのが事実です。
ただ、ほとんどないといえるレベルでの話であるのを覚えておいた方が良いでしょう。
可能性としてあるからこそ、いざというときには迅速な行動を心がけるべきといえます。

スポンサーリンク